HOME>在学生・卒業生・保護者の皆様>教育相談・奨学金在校生・卒業生・保護者の皆様
連絡・報告 月間行事予定 卒業生へのお知らせ 教育相談・奨学金 証明書等発行

  学校いじめ防止基本方針

 ●基本方針(こちらをクリック
 ●いじめ事案の対応について(こちらをクリック


  スクールカウンセラー(2018年度)

     生徒・保護者の皆様で、相談を希望される方は、生徒指導・支援担当までご連絡下さい。

 ●来校予定 (2018年度)

第 1回… 4月18日(水)
第 2回… 5月11日(金)
第 3回… 5月25日(金)
第 4回… 6月 8日(金)
第 5回… 6月22日(金)
第 6回… 7月20日(金)
第 7回… 8月31日(金
第 8回… 9月14日(金)
第 9回…10月 5日(金)
第10回…10月19日(金)
第11回…11月 9日(金)
第12回…11月16日(金)
第13回…12月 7日(金)
第14回… 1月18日(金)
第15回… 1月25日(金)
第16回… 2月22日(金)
第17回… 3月 8日(金)
【対象】 本校在校生、保護者、教職員
【予約方法】 次のいずれかの方法→@養護教諭に直接、A担任・教科担当・部顧問を通して、B電話
【場所】 教育相談室(中央棟3階)、保健室(管理棟1階)、その他(状況に応じて)
【連絡先】 045−971−2041(市ケ尾高校・代表電話番号)

  外部の相談機関                 

・ 神奈川県立総合教育センター(教育相談)

    子どもSOSダイヤル
    0120-0-78310  ・365日24時間相談可能(フリーダイヤル)
    0466-81-8111   ・365日24時間相談可能

    総合教育相談
    0466-81-0185
      月〜金 8時30分〜21時00分、 土日祝 8時30分〜17時15分  (12月29日〜1月3日を除く)

・ 横浜市教育委員会

    いじめ110番
    0120-671-388 (フリーダイヤル)・365日24時間相談可能

・ 横浜市青少年相談センター

    045-260-6615 (相談専用)

    月〜金 8時45分〜17時00分(土日祝祭日年末年始を除く)
       ※利用は無料・秘密厳守


・ ユーステレホンコーナー 神奈川県警 少年相談

    0120-45-7867 ・フリーダイヤル(よいこなやむな)
    045-641-0045 (まるまるよいこ)

    FAX相談 : 045-641-1975
    月〜金 8時30分〜17時15分 (土日祝日・12月29日〜1月3日を除く)         

横浜いのちの電話

     045-335-4343
     365日24時間年中無休

そのほかの相談機関等ご案内
     


  奨学金のご案内

奨 学 金  概              要
横浜市奨学金 月額     5,000円
期間     正規の就業期間(採用後卒業まで支給)
募集人数  480人程度
資格     保護者の住所が横浜市で、品行方正、学業成績優秀(5段階で4.00以上)で
        学資の支払いが困難な者、家計の収入額が年間800万円以下程度
返還     返還する必要はありません(他の奨学金との併給は不可。但し、併願は可)
※申請の校内〆切 4月10日(月)
⇒平成30年度の募集は締め切りました
川崎市奨学金 月額     3,000円
期間     1年(1年ごとに応募が必要)
募集人数  600人
資格     川崎市内に在住し、学業成績が優秀(5段階で3.5以上)で
        性行が善良で学資の支弁が困難な者
        主な生計維持者の認定所得は世帯人数により基準額あり
返還     返還する必要はありません(他の奨学金との併給は可)
※申請の校内〆切 6月5日(月
⇒平成30年度の募集は締め切りました。
神奈川県高等学校奨学金 月額    10,000円または 20,000円
期間    1年(1年ごとに応募が必要)
募集人数 4,000人程度
資格    ・県内に住所を有していること。
       ・県内の高等学校に在学する生徒であること。
       ・保護者の市町村民税所得割の合計が245,800円未満であること。
返還    返還義務あり(3年間の全体の評定平均値が4.6以上の場合、
       部活動等で全国大会出場の場合などは、返還免除されます)
       他の奨学金との併給は可(それぞれの奨学金に併給の可否を確認すること)
校内〆切 4月17日(月)⇒平成30年度の募集は締め切りました。
その他  学生支援機構(旧育英会)、財団法人朝鮮奨学会高校奨学生など



HOME