HOME>学校案内>校長室だより学校案内
校長挨拶 施設 学校概要 校章・校歌 校長室だより
校長室だより 第22号
平成26年12月17日(火)

球技大会+豚汁

 寒い日です。今日は球技大会2日目。生徒は日々クラスで練習してきました。

 今回も、白熱する試合をしっかりと管理・運営する、球技大会委員の活躍が光ります。天候の変化や、グラウンドの状態に対する教員の指示に機敏に反応し、「考えて行動する」姿には感心します。

 今日は、保護者の皆様による豚汁の日です。

 朝、8時30分に総勢100名を超える保護者の皆様が集結しました。

 それぞれ、配布されたバンダナと赤いエプロンもばっちりで、熱い意気込みが感じられます。これだけの保護者の皆様のエプロン姿が集まると、実に壮観。頼もしく心強い。これだけの皆様に支えられているという嬉しさがこみ上げてきます。

 校長、PTA会長からエールが送られ、いよいよ作業開始です。

 生徒1200名、教員、保護者の分を合わせると、およそ1500名分の豚汁作りが始まります。

 特大の寸胴が12個、小さい寸胴が8個。

 用意された材料は、大根66本、にんじん132本、牛蒡105本、長ねぎ108本、こんにゃく66個、油揚げ162袋、里芋400g入り141袋、豚肉46.2kg、味噌40kg。毎年引き継がれた、お母様の緻密さが垣間見えます。

 切り分けられた材料が煮込まれ、おいしそうなにおいが立ち込めます。煮え具合を見て回っていると「校長先生、おいしくできそうですよ。」と、どの保護者の方も声をかけてくださり、嬉しい。

 並んだ寸胴と、出来上がった豚汁を見ると、改めてすごい量だなと思うと同時に、これだけの保護者の方に豚汁作りに参加して頂けた事が嬉しい。すべては、生徒のために。

 出来上がりを告げる放送とともに、生徒が列をなし、思い思いの場所で豚汁をいただきました。これだけの愛情が入った豚汁が、美味しくないわけがない。

 特に冷え込む日。生徒は、五臓六腑に染み渡る豚汁を堪能していました。

 私も有難く、豚汁をいただきました。本当に美味しかった。身も心も温まる、懐かしい味わいでした。

一日中豚汁作り、後片付け奔走してくださった保護者の皆様、PTA本部の皆様、本当にありがとうございました。


HOME  校長室だより目次に戻る