HOME>学校案内>校長室だより
学校案内
校長挨拶 施設 学校概要 校章・校歌 校長室だより
校長室だより 第15号
平成26年9月3日(水)

白鷺祭 体育祭部門

 今年も、予定した日は雨となり翌日の開催となりました。心地よい風が吹く、爽やかな天気に守られた、爽やかな体育祭でした。

 グランドの改修工事が功を奏しました。水はけがよく、グランドコンディションは万全でした。 

 今年度は赤組、青組、白組に分かれての戦いです。 応援団長は、先輩の背中を見て団長を志してくれた面々です。1年も前から決心してくれていました。

 騎馬戦の真剣な戦い、特に大将戦では大いに盛り上がり、パン食い障害物走ではお腹を抱えて笑いました。

 部活対抗リレーでみせた意外な部の駿足。作戦を練った棒倒しの男の戦い、あっという間に終わった大玉転がし。各団譲らない綱引き、クラス対抗リレーを一丸となって戦い・応援するクラスの団結力。全生徒が一生懸命戦い、身を乗り出して応援する姿に感動しました。

 圧巻はなんといっても応援合戦。夏の炎天下。あなた方がどれだけ一生懸命練習したか、汗を流したか、励まし合ったか、皆が知っている。だから晴れた空の下、踊る姿が見たかった。工夫を凝らした演出、衣装。みんな笑顔で本当に素晴らしかった。感動を与えてくれた演技でした。

 出場する選手、演技をする人、用具係、得点係、放送係、運営係、CORE等々。全ての生徒が心を一つにして、自分にできることを一生懸命、苦労しながら、楽しみながらやり遂げた一日でした。

 今年度は青組が優勝しました。おめでとう。接戦でした。

 最後の校歌斉唱では、市ケ尾高校の伝統、1200名余の全生徒がグランド一杯に円陣を組み、肩を揺らしながら校歌を熱唱します。感動を心に刻み、友情を心に刻むように。

 その姿を見ながら、遠い日の青春時代に思いを馳せ、「若者の素直さ、純粋さ、素晴らしさ」に目頭が熱くなるのは私だけでしょうか。

 

HOME  校長室だより目次に戻る